ダニに刺されてしまった場合に、刺されて箇所が水ぶくれになってしまうということがあります。

その時の処置はどのようにすればよいのでしょうか?

つぶしてもよいのでしょうか?

絆創膏を貼ればよいのでしょうか?

ダニ 水ぶくれ 処置 つぶす 絆創膏

処置方法

ダニに知らない間に刺されてしまい、刺された箇所が水ぶくれになってしまったという場合にはどのような処置を行えばよいのでしょうか?

まずは、絶対にやってはいけないのが水ぶくれをつぶすということです。

水ぶくれを潰すと中の液体が広がりそれによって他の場所にも水ぶくれなどが出来てしまうこともあると言われています。

ですから、水ぶくれになってしまったという場合には、絶対に無理につぶすというようなことはしないようにしましょう。

では、どのように処置を行えばよいのかということですが、市販の軟膏などを使用するというのが効果的です。

水ぶくれの箇所をつぶしたり、掻いたりしないようにするためには、その箇所に絆創膏を貼るというのも効果的ですよ。

ステロイド系の市販薬も効果が高いと言われています。

市販の薬を使用する場合には、必ず説明書きをよく読んでから使用する必要があります。

薬を使用しても治らない場合

市販の薬を使用しても、必ずしも治るというものではありません。

状態が悪化してしまう場合やなかなか治らないという場合には、専門の皮膚科などの医療機関において診察を受けるようにしましょう。

診察して、薬を処方してもらうなどして、ダニに刺された水ぶくれを治すというのが非常におすすめです。

いちばんやってはいけないのが、そのまま患部を放置してしまうということや水ぶくれをつぶしてしまうこと、患部を掻いてしまうということです。

そうすると他の部分にも悪影響を及ぼしてしまうこともあるので、注意が必要です。

スポンサードリンク

まとめ

ダニによって刺されてしまい、水ぶくれが出来てしまったという場合には、絶対につぶしてはいけません。

市販の薬を使うようにするのと、つぶしたり、掻かないようにするために絆創膏を患部に貼るなどの対策をするとよいでしょう。

それでも、治らないという場合には専門の皮膚科などで相談してみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク