一般的にダニを好きだと言う人は少ないと思います。

むしろ刺されたりすると腫れたり痒みや痛みが出てくる場合もありダニ被害にあうと嫌いになる方が多いのでは無いでしょうか?

そんなダニを駆除しようとしてもなかなか駆除が出来ずに悩んでばかりで業者を頼むと費用が高くつくので諦めてしまうのではないですか?

それならダニの駆除は自分でしよう!

自分で出来る駆除の方法としてスプレーを使った方法と掃除機を使った方法があります。

どっちが良いのか調べてみました。

ダニ 駆除 方法 スプレー 掃除機

ダニの駆除方法

ダニの被害に遭いやすい所と言えば『寝室』。

特に毎晩、使う布団やベッドだと思います。

『ここには居ないだろう?』

そう考えたい気持ちは分かりますが、ダニにとって布団やベッドは好む環境で多く存在しています。

それが分かれば一刻も早く駆除しなければなりませんが駆除の方法としてスプレーを使う方が良いのか、掃除機を使う方が良いのか悩みますよね?

どちらが良いのか考えてみましょう!

掃除機で駆除

マットレスやベッドなどはダニが溜まりやすいが洗濯が出来ないですよね。

そんな時は掃除機を使います。

寝起きのベッドやマットレスはダニが好む温度や人が汗をかいて湿度もあるので集まりやすくなっています。

寝起きにすぐ掃除機をかける事でダニを吸い取る事が出来ると言われています。

ダニスプレーで駆除

駆除スプレーなどを扱っている大手のメーカーがありますよね。

ゴキブリや蚊やなどのスプレーは良く見かけますが実は大手のメーカーでダニの駆除スプレーも販売しております。

何回かに分けて継続して吹きかけると効果があると言われております。

少し費用がかかりますがダニの被害が減るのなら安心も手に入れる事が出来るでしょう。

ダニの駆除スプレーを手作りしてみよう

大手のメーカーで出している駆除スプレーを使えば効果があると言われていますが、あまり費用を掛けたくない人は駆除スプレーを作ってみては如何でましょうか?

意外と身近にある物で効果を期待できると言われている物があり、それは…

『レモン』

だと言われております。

シトラールと呼ばれるレモンやオレンジなどに含まれる成分はダニが嫌うと言われています。

レモンの皮などを少量カットして置いておくと効果が見られると言われています。

そんな効果が期待されるレモンを使いスプレーを作ってみては如何でしょう?

レモンスプレーの作り方

  • 消毒用のアルコール
  • レモン
  • 霧吹き

消毒用アルコールを200cc用意してそこにレモンの皮を1個分、霧吹きに入るサイズに切って霧吹きに消毒用アルコールと一緒に入れます。

これだけで終了です。

霧吹きに全部を入れたら軽く振って30分ほど置いておくとレモンスプレーが完成します。

使い始めの3〜5日は霧吹きで散布してあげて、翌週からは週に1〜2回のペースで散布すると良いと言われています。

スポンサードリンク

まとめ

天日干しした後に掃除機をかけても効果が期待されますが、より良く効果的に駆除するなら布団乾燥機で高温での乾燥後に掃除機で吸い取る事やスチームなどで高温処理した後に掃除機で吸い取るなど熱を加えてから掃除機で吸い取ると良いと言われています。

休みの日などに試してみてはどうですか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク