どんなに対策をしても何故か自分だけいつも刺されてしまう…

そんなダニに関した悩みや疑問を持っている人が居ると思います。

朝起きたら何か痒いと感じると憂鬱な気分になって1日が嫌になってしまいます。

中には決まった時期になるとダニの被害を受けてしまう人も多くいる事でしょう。

何故、刺されてしまうのか全く分からない…

そんな人の為にダニに刺される原因と刺されない対策について紹介します。

ダニ 刺される 刺されない 原因 対策

ダニに刺される原因

同じ布団で寝ているのに何故か自分だけがダニの被害に遭うのは何故なのか考えた事はありませんか?

世の中にはダニに刺されやすい人と刺されにくい人の2通りに別れます。

ダニ意外にも蚊に刺されやすいなどありますよね?

その違いは何なのでしょうか?

ダニに刺される原因

  • 好む環境である為
  • アレルギー反応する人

大きく分けるとこの2つになります。

ダニは高温多湿な場所を好む生き物で20〜30度くらいの温度で湿度が70〜80%以上の環境で増えていく傾向にあります。

つまり刺されやすい人の特徴としては体温が高い人は刺されやすくなります。

同じ布団で寝ていても体温が高い人の方へ行く確率が高くなると言われています。

他にアレルギー反応がある人ですがアレルギー反応がある人は肌が赤くなり腫れて痒みや痛みなどを伴います。

アレルギー反応がない人は刺されたかどうか判断が付かない場合が多くあります。

結論から言うと刺される原因としては体温が高く汗などをかきやすい人は高温多湿なダニの好む環境にあるので刺されやすくなると言われています。

ダニに刺されない対策

ダニに刺される原因としては高温多湿なダニが好む環境と言う事があげられますが、逆にダニに刺されない対処法などはあるのか?

意外と身近にあるもので対処できる事があります。

ダニに刺されない対処法

ダニに刺されない様にするにはダニを駆除する事が有効ですが全てを駆除することは難しいです。

なのでダニが好む環境を少しでも減らす事が重要になるかと思います。

  • 窓を開けて換気をする
  • 天日干しをする
  • スチームを使う

ダニは高温多湿な場所を好みます。

閉め切った部屋では人が汗をかいたり体温があがったり呼吸をする事で湿度が上がってくる事があります。

ですから窓を開けて換気をする事で少しでも湿度を下げる事も有効と言われています。

天日干しをするのは良くやっていると思います。

ですが、月に一度とか半年に一度と言う人は多く居るのでは無いでしょうか?

マメに天日干しをする事によって湿気を飛ばしてあげると効果が見られる事があります。

天日干しの場合は片面だけではなく両面をする事を勧めます。

また意外な所ではスチームです。

ダニは70度くらいで徐々に弱っていくと言われています。

天日干しではそこまでの温度にはなりませんがスチームだと70度を超える温度になりますのでスチームをした後に天日干しすると効果があるかも知れません。

スポンサードリンク

まとめ

ダニに刺されない対策としてあげましたが湿気の強い梅雨時期などは換気をする為に窓を開けると逆に湿度が上がってしまう事があります。

そんな時は布団乾燥機などを使うのも1つの手だと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク