毎日、使う物と言えば『寝具類』だと思います。

晴れていても曇っていても雨が降っていても、どんな日でも布団を使う事が多いと思います。

でも、いつも使っているのに何故か体が痒くなって困る事はありませんか?

意外とダニが原因で痒くなっていると思わないでずっと使い続けるなんて事はありませんか?

気付かないと思いますが布団はダニにとって最高の環境で数百以上のダニが居ると言われています。

布団は、どんな駆除や対策をしたらいいのか?

布団のダニ駆除や対策について紹介します。

ダニ 布団 駆除 対策 掃除機

布団についたダニの駆除

天気の良い晴れた日に布団を天日干ししているからウチは大丈夫と思っている人、危険ですよ?

黙っていても汗が出てくる様な晴天の天気じゃないとダニは一切、居なくならないと言われています。

どれだけ掃除をしている部屋でも毎日、シーツなど取り替えていてもダニは居なくなりません。

では、どんな駆除方法があるのか?

ダニの駆除方法について調べてみました。

熱を加える

ダニは洗濯をしようとも冷凍しようとも生きています。

逆に、その状態から20〜30度の気温に60%以上の湿度になると増えていきます。

ですが1つだけ弱い物があります。

それは『熱を加える』事です。

布団乾燥機やスチームアイロンなど家にある物を利用する事が出来るし天日干しだと50度に30分〜1時間ほど当てると大半が弱ると言われており60度を超える温度になれば殆どが息絶えると言われています。

ダニ取りシート

布団の下やマットレスの下などに市販のダニ取りシートを敷いておくと効果があるとされています。

ダニ取りシートは2種類ありダニが嫌う匂いを出して遠ざける方法の物とダニが好む香りで誘き寄せ粘着物質で捕まえる物とあります。

売っている値段は安いものもあれば、それなりの値段がする物がありますがそこそこの値段の物だと確保する可能性も高くなります。

スポンサードリンク

ダニを増やさない対策

湿度の管理

ダニは湿度が60%以上になると急激に増え始めると言われておりますので湿度の管理はとても大事になります。

特に梅雨時期は気を緩めると湿度が上がるので注意しておかなければなりません。

定期的に布団乾燥機など利用する

熱に弱いので週に1〜2回は布団や絨毯など大きな袋を使い布団乾燥機で全滅させておきましょう。

布団の湿気を取るだけなら天日干しで充分ですがダニを寄せ付けない様にするには布団乾燥機などの強い熱で定期的に行う事を勧めます。

ダニ取りシートを敷く

スチームや布団乾燥機などの対策を行ったらダニ取りシートを敷いておくと布団に溜まるダニは減ると言われています。

発生してから利用するより発生前に対処しておく事で被害も減ってくるでしょう。

ダニは掃除機でも吸い取れる?

面倒な作業は抜きにして初めから掃除している時に掃除機で吸い取ってしまえば良いんじゃない?

そう思ってしまうかも知れません。

確かに掃除機で初めから吸い取ってしまえば何も面倒な事をしなくてもと思います。

ですが、そう簡単な話ではありません。

亡骸などの場合は掃除機でも吸い取る事は出来るのですが、生きたダニは掃除機でも吸い取りにくく思った以上に吸い取れません。

理由としてはダニの足にあります。

ダニの足先には鍵爪や吸盤の様な器官があり、それが繊維に絡んで掃除機では全て吸い取る事が難しいと言われています。

なのでスチームや布団乾燥機などでダニを全滅させた後に埃と一緒に掃除機で吸い取りましょう。

まとめ

10年使った布団には恐ろしいほどのダニやカビが存在していると言われています。

掃除機をかけて綺麗になったと思っていても実は奥深くに繊維に絡みついている事が多いのでしっかり熱などを与えて全滅させてから掃除機で吸い取りましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク