小さな子供がいる家庭ではダニの存在はとても脅威ですよね。

アレルギーになったりハウスダストによって咳き込む事が増えたりと悪い事はあってもなかなか良い事ってないと思います。

出来る事ならダニを全て駆除したいと思っても家の中からダニが1匹も居なくなると言う事は無いと言われています。

そんなダニが発生する原因って何だろう?

この時期になると増えると言える時期ってあるのか?

分かりませんよね?

今回はダニの発生原因や時期について調べてみました。

ダニ 発生 原因 時期

ダニの発生原因は何か?

新築や新しく購入してきた布団などにはダニが殆ど居ないと言われて居ますが全く居ないと言う事ではありません。

生活していくうちにダニが繁殖し数を増やしていきますがダニが発生する原因って何があるのでしょう?

ダニの発生原因について調べてみました。

高温多湿

人が快適に過ごせる場所はダニにとっても快適に過ごせる場所です。

室温が高く湿度もある家はダニにとってとても良い環境で繁殖し数を増やしていきます。

ダニが好む室温は22〜28度くらいで湿度は60〜80%くらいとも言われています。

餌がある

ダニは雑食性で人が食べこぼした物やフケ・アカなどの皮膚の剥離物など様々な物を食べて生きていきます。

餌がある家の中は発生しやすい環境にあると言えるでしょう。

隠れ潜む場所がある

絨毯や布団、ベッドなど生活圏内で沢山の隠れる事に適している場所があります。

小さい子供がいる家庭では『ぬいぐるみ』などもフケやアカなどが付着して発生しやすい環境にあります。

発生しやすい時期はあるのか?

ダニが発生しやすい時期と言っても繁殖する事が多い時期や刺されやすい時期など様々です。

発生しやすい時期と言う事は繁殖していると言う事になりますが1年のうち、どの時期が多く発生するだろうか?

発生しやすい時期とはいつなのでしょうか。

梅雨時期の5月末〜7月頭くらい

ダニは高温多湿を好む為、1年で1番に高温多湿になる梅雨時期にダニの繁殖が増えます。

いくら高温多湿だからと言ってもそんなに早く増えるのかと思うかも知れませんがダニの繁殖力はとても凄く、あっと言う間に増えます。

梅雨時期の湿度対策をする事で繁殖期に恐ろしいほどの繁殖を減らす事も可能になってきますので湿度対策と掃除はマメにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

ダニが発生する原因や時期は室温や湿度によって変わってきます。

梅雨時期は洗濯物もなかなか乾かず室内干しも増えてきますが室内干しをすると湿度が上がりますのでダニも繁殖しやすくなります。

湿気の多い時期などは対策グッズを用意しておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク