ふっくらした布団で寝るのってとても気持ちが良いものですよね。

天気の良い暖かい日に干した布団で眠ると何故かぐっすりと眠りにつく事が出来て疲れがとれます。

でも寝ていると翌朝に痒くて起きてしまった経験はありませんか?

気付いたら赤く腫れて痛痒い感じだったり搔きむしり過ぎて傷口から汁が出ていたり…。

それってダニの仕業かも知れません。

そこで布団で寝ていると痒くなる原因を調べてみました。

ダニ 布団 かゆい 刺される

寝ていると痒くなるのはダニが原因?

ダニは人が生活している所に隠れ潜んでいます。

特に絨毯や畳などで横になっていると体が痒くなる人も居るほど数多く生息しています。

布団で寝ていると良く痒くなってしまう事はありませんか?

色々と調べて見ると『ダニ』が原因と言われていますが実際にダニが原因で痒くなるのか?

また、ダニが原因で痒くなったり赤く腫れたりする事がありますが、ダニが原因の場合はどんな症状があるのでしょうか?

寝ている時に痒くなる原因について調べてみました。

ダニに刺されると発症まで時間がある

ダニに刺されると人が見て気付くまでに時間がかかりだいたい早い人で8時間から15時間くらい、平均したらおよそ1日程度で赤い斑点が出来てくると言われています。

人によって差はありますがダニに刺されてから発症するまでは時間がかかるとダニが原因と言えるかも知れません。

刺される場所がだいたい同じ

ダニは他の虫と違い同じような場所に集中して刺す傾向があるとされています。

それは体の中でも柔らかい脇の下やお腹周りの柔らかい部分と言われています。

腕の内側やお腹などに症状があれば怪しいかも知れません。

痒みが持続する

ダニの被害にあうと痒みが持続する事が多く酷い場合だと10日も続く事があります。

また血行が良くなると痒みが強くなる傾向もありアルコールを飲んだりすると痒みが増してくることもあります。

ダニに刺された時の緊急対処法

ダニに刺されたと言う事はすでに沢山のダニがいると言う事ですよね?

すぐに駆除が出来ない場合はどうしたら良いのか?

フローリングで寝る

ダニは潜伏出来る環境にいます。

その点、フローリングは潜伏が出来る環境では無いので少しはいると思いますが安心して寝る事ができます。

ですが念の為に1度、掃除をしてから寝ると良いでしょう。

ダニ取りシートを敷いておく

朝にダニ取りシートを敷いておくと良いでしょう。

仕事などに出ている間にダニ取りシートにダニが掛かる時間を作っておくと少しは効果があります。

また布団の上にシートを敷いて寝るなども効果が期待されます。

スチームアイロンをかけて寝る

ダニは熱に弱いのでスチームアイロンをかけると全滅します。

フローリングで寝るのも効果が高いのですが直に寝ると体が痛くなってしまうので布団が良いと思います。

スチームアイロンでダニを全滅させてシートなど敷いて寝ると良いでしょう。

すぐに駆除が出来ない時の対処ですが出来るだけ早めにダニの駆除をすることを進めます。

湿度が高くなるとダニが増えてきますので注意しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

寝る所でダニの被害を受けると次に布団に入るのが怖くなりますよね?

自宅で出来る方法としてはやっぱりスチームアイロンを使い全滅させる事が早いと思います。

駆除した後はしっかり掃除機で吸い取って綺麗にしておかなければ別な症状を引き起こすこともあります。

注意しておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク