湿気の多い季節になると、あせもの季節がやってきます、と同時にダニが大量発生してきます。

どちらも痒みが強いので、ついつい掻いてしまい、症状を悪化させてしまうこともよくあると思います。

では、あせもとダニの違いはどの様なことでしょう。

調べてみます。

あせも ダニ 違い

あせもについて

私達がかく汗は、「汗腺(カンセン)」という器官から汗が出て、「汗管(カンカン)」という管を通って、皮膚の表面に出るという仕組みになっている様です。

暑い時に汗をかくのは、正常な体の反応ですが、汗は「水分(湿気)」ですから、ホコリや細菌を寄せ付けてしまいます。

そのホコリや細菌が、肝管を詰まらせ、汗が皮膚の表面に出ることができず、炎症を起こした状態が「あせも」だということです。

汗をかく仕組みは、大人も子供も同じで、汗腺と汗管の数も同じということです。

子供にあせもができやすいのは、「大人よりも、皮膚の面積が狭い割に、大人と同じ数だけ汗腺と汗管がある」ということが原因の様です。

あせもの種類

あせもは別名を「汗疹(カンシン)」といい、肝管の詰まった深さによって3種類の名前が付いているそうです。

〈水晶様汗疹〉

1番浅い詰まりの状態で、小さな水ぶくれで、透明な膜の様なモノで覆われているが、症状はない。

〈紅色汗疹〉

先に進んだ状態でほとんどのあせもは、ここに分類され、皮膚は赤くなり、プツプツができて、痒みがある。

〈深在性汗疹〉

皮膚の深くまで進んだ状態で汗は出ず、皮膚は青白く、小さなプツプツがつながった様に盛り上がり、自覚症状がない様だが、全身症状(体温調節機能障害)がでる場合がある。

あせものできやすい場所

  • ひじの内側
  • ひざの裏
  • わきの下

・・・などの皮膚同士が触れ合う場所ができやすいといわれています。

あせもの対処

「水晶様汗疹」と「軽い紅色汗疹」の場合は、皮膚の清潔を心がけ、我慢して掻かないでいれば、数日で自然に治ってしまうということです。

特に、1歳ぐらいまでの子供の場合は、お風呂に入り、皮膚がきれいになると、半日から1日で治ることもある様です。

大人も子供も長引く様であれば、違う病気の場合も考えられますので、診察をおすすめします。

ダニについて

ダニとは

  • ダニは昆虫ではない(クモ、サソリなどと同じ種類)
  • ダニは胴体に全部の部位(頭、胸、腹)が付いている
  • 胴体の先には、噛むためのあごがある
  • 部屋の中に棲むダニは、屋内塵性ダニ類というヒョウヒダニ(チリダニ)類、コナダニ類、ツメダニ類である
  • ヒョウヒダニの中の8割前後を占める「コナヒョウヒダニ」と「ヤケヒョウヒダニ」は、アレルギーの原因となるアレルゲンになる

発生時期と適温

  • ヒョウヒダニ(チリダニ):1年中棲息し、温度20~30℃、湿度60~80%の高温で湿気の多い場所が好き
  • コナダニ:梅雨時や秋の入りに急に増え、高温で湿気の多い場所が好き
  • ツメダニ:梅雨時や秋の入りに急に増えるが、被害のピークは8~9月頃
  • イエダニ:おおむね5月から徐々に増え始め、6~9月頃がピーク

ダニの餌となるものについて

  • ヒョウヒダニ(チリダニ):人間のフケやアカ、ホコリなど
  • コナダニ:薬、ワラ、食品全般など
  • ツメダニ:ヒョウヒダニやコナダニ、または、小さな昆虫類など
  • イエダニ:主にネズミや哺乳類、または鳥類の血液

人間への被害と刺されやすい部分

  • ヒョウヒダニ(チリダニ):人間を刺すことはないが、アレルゲンとなる
  • コナダニ:直接的には被害はない(人間を刺すダニの餌となる)
  • ツメダニ:人間を刺すが血は吸わず、体液を吸う
  • イエダニ:人間の血を吸う

ダニは、皮膚の軟らかな部分を刺す様で、太もも、二の腕、お腹や腰などを集中的に刺されやすい。

肌が直接触れた場所(布団や畳)が刺されやすい。

ダニの症状

  • ダニに刺されると、その時は分からないことが多い
  • 皮膚に変化が起きるまで気が付かないため、刺されたことに、ふと気が付くことが多い
  • 24時間以降経ってから、腫れて赤くなり、猛烈に痒い(遅延性アレルギー皮膚炎)など、皮膚に変化が起きる
  • 症状は1週間ほど続く場合がある

・・・などが現われるといわれています。

スポンサードリンク

まとめ

あせもは、汗で濡れた皮膚に付いたホコリや細菌が汗管を詰まらせることで起きる症状(病気)の様でした。

ダニは、昆虫に分類される(昆虫図鑑に載る)生き物の様ですが、クモやサソリなどの仲間でした。

あせもは、肌を清潔にすることである程度防げる様ですが、ダニは、駆除に手がかかりそうな印象でした。

ですが、ダニは、外から持ち込む場合や、外で刺される場合もあるそうなので、出かける時の服装に気を配ったり、外から戻ったら、服などに付いていないかを確認することが大切だと分かりました。

何としても持ち込むことだけは避けたいですね。

あせももダニも症状として現われる時期が夏を挟んでいるので、間違いやすい様ですが、皮膚を清潔に保っていても症状が現われる様なら、ダニを疑った方が良いのかな・・・とも感じました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク