今や、100円ショップでも手軽に購入できるコロコロ(粘着シートのゴミ取り)です。

用途に応じて、数種類あることも知っての通りです。

掃除機がかけられない忙しい時、畳などに細かいゴミなどをこぼしてしまった時、手の届く場所にあると、本当に重宝します。

では、そのコロコロですが、ダニに対しては、効果があるのでしょうか。調べてみます。

ダニ コロコロ 効果

コロコロの種類と用途

私達が呼び慣れ、誰もが「コロコロ」といえば、あのコロコロを思い浮かべ、今やどこででも通用する名前ですが、本当は、何という名前なのでしょう。

実は、あの「コロコロ」という名前は大手メーカーが販売する時に名付けた商品名であって、本当の名前は「粘着クリーナー」というのだそうです。

何だか「粘着クリーナー」では、しっくりこないので、ココでは、「コロコロ」と統一させていただきます。

コロコロの種類

  • カーペット専用
  • フローリング用
  • 洋服用
  • 持ち手が長いもの
  • 持ち手が短めのもの
  • バッグにも入りそうな小さめなもの

・・・など、用途に合わせて色々と出回っている様です。

ダニに対する期待できる効果

ダニについて

ダニが好んで棲息する場所は、カーペットや布団、ベッドやソファーなど、いつも暖かく、湿気が適度にある環境の様です。

また、ハウスダストにも棲息しているということでした。

ダニの餌は、人間のフケやアカ、食品でいえば粉もの、またはワラなど、広い分野にまたがっている様です。

コロコロの「メリット」と「デメリット」

コロコロのメリット(期待できること)は、

  • すぐに使える
  • ホコリや髪の毛や細かい物が取りやすい
  • カーペットなどの表面がきれいになる

・・・などの様です。

コロコロのデメリット(考えられること)は、

  • 表面だけしか取り除けない
  • カーペットや布団の中のゴミまでは取り除けない
  • カーペットなどを傷める恐れがある

・・・などの様です。

スポンサードリンク

まとめ

コロコロについて調べて、改めて分かったことは、「コロコロは粘着シートのゴミ取り」だということです。

使う場所の表面はきれいになるかも知れませんが、カーペットや布団などの中までは、きれいにすることができないということを、再確認しました。

よって、ダニには効果が薄いのではないかと考えます。

ですが、コロコロは、使う場所の表面をきれいにする働きがあることで、ダニの餌となるフケや食べこぼしなどを、すぐに取り除くことができるというメリットがありました。

また、カーペットなどの表面に浮き上がってきたダニの亡きがらやフンがあれば、一緒に取り除くことができる可能性もあり、小まめに使うのが良さそうな気はします。

しかしカーペットなどへのダメージがあることを考えると、コロコロの使用は最小限にして、できるだけ掃除機をかけるのが良いという結論を、自分なりに持ちました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク