「体に害がありそうな物は避けて、自然の物でダニを退治したい」とあれこれ探してみると、意外にも見つかるものです。

「体に優しいということは、ダニにも優しい」ということになってしまいますが、ダニがいなくなれば良いのであれば、可能だということです。

どの様な方法があるのか、調べてみます。

ダニ 精油 スプレー ミント

ダニ除けになる植物

ダニを寄せ付けない効果が期待できる植物には、どれも「レモンに似たニオイがする」といわれています。

それならば、このレモンに似たニオイのする植物を使って、ダニを寄せ付けないスプレーを作ってみるのはどうか、と考えるわけです。

ダニが嫌うとされるニオイを持つ植物は、次の様なものがあるそうです。

  • シトロネラ
  • レモングラス
  • ユーカリ
  • レモン
  • ミント

・・・などです。

精油

「精油」は、「アロマオイル=エッセンシャルオイル」を指し、特に女性の間では一般的ですね。

精油は自分で手軽に作れるメリットがあり、実際に実行している人もいるでしょう。

実は、この精油、虫除けの効果が期待できるそうなのです。

「一石二鳥」と思ってしまいそうですが、どんな虫にも効果が期待できるという「万能オイル」ではなさそうで、ダニ除けにはダニ除けに向いた精油があるということですので、その作り方を説明します。

簡単にできる「ダニ除け効果が期待できる精油のスプレー」(精油の濃度は、出来上がりの1%になる様に作りましょう。)

〈材料〉

  • 無水エタノール:精製水=1:9(無水エタノール1ccに対して、精製水9cc)
  • ダニに効果が期待できるといわれている精油は0.5ml

〈作り方〉

  1. 無水エタノールに精油を加える
  2. さらに精製水を加える
  3. できあがり

できあがった精油のスプレーは、大人であれば肌に直接、吹きかけて使うことができ、効果が期待できる様です。

3歳以下の子供に使う時は、衣類や帽子などに吹きかけましょう。

それ以上の年齢の子供には、濃度を半分にするなどの工夫をして使ってみましょう。

いずれも、効果が期待できるということです。

ミント

ミントとは?

ミントとは、次の様に説明されています。

  • 分布:北半球の温帯、アフリカなどに生育
  • 種類:ミントには、葉や葉の大きさ、様子が様々あるため40種類以上
  • 花咲く頃:夏から秋にかけて、白色や薄紫色の花が咲く
  • 「ハッカ属」、「メンタ属」、「ミント属」がある
  • 大ざっぱにいえば、「ミント=ハッカ」で、有名なハーブ
  • 葉を優しくこすると、さっぱりさわやかなニオイがする
  • 地面をはって広がって生育していく種が多い

ミントスプレー

  • ダニを寄せ付けない効果が期待できる方法として、布団や枕に吹きかける
  • ミントスプレーの持続時間は、風通しや乾燥具合にもよる(おおむね2時間といわれている)
  • ミントのニオイが消えたら、効果も切れるといわれている
  • 小まめに何度も吹きかけることで効果に期待が持てる

スポンサードリンク

まとめ

ダニを寄せ付けないと考えられている植物は、多数ありました。

中でもミントは、手軽に手に入れることができ、また自分で栽培することもできるので、簡単にミントスプレーを作ることができる様です。

ミントスプレーの作り方も簡単だということが分かり、いつからでも始められることも分かりました。

「ダニかな?」と思った時に自分でできる方法として、ミントスプレーを試してみることは、その効果に期待が持てる様に思いました。

ミントスプレーの持続時間は、「ミントのニオイが消えるまで」ということですので、小まめにスプレーをしなければならないことには面倒と感じました。

もし、あまりにもダニに手を焼く様であれば、薬剤の使用を考えなければならない様にも感じました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク