愛する猫と少しでも長く、そしてできるだけ明るく楽しく一緒に過ごしたいと誰しも願うと思います。

しかし、それを阻んでしまうのが恐ろしい病気の存在であり、それを媒介するダニの存在です。

そこで今回は、猫に見られるダニについて紹介していきたいと思います。

ダニ 猫 症状 駆除 取り方

ダニがついた場合の症状は?

ダニの種類によっても異なりますが、比較的大きな「マダニ」から紹介します。

マダニの口吻はノコギリの歯状になっていて、皮膚を食い破り、そこへ頭を潜らせて吸血します。

その際に、マダニの唾液に含まれる成分で反応がおこり、強いかゆみが生じます。

マダニは、「バベシア症」、「ヘモプラズマ症」といった感染症の媒介者でもあります。

次はヒトの目では認識できないほど小さな「ヒゼンダニ」についてです。

マダニとは異なり皮膚の角質層に穴を掘り隠れ、その中で食事をしたり、排泄をしたりします。

ダニが出す分泌物に免疫細胞が反応してとても強いかゆみをもたらします。

ヒトにも寄生しますので、できるだけすぐに獣医さんを訪れてください。

ダニの駆除について

飼っている猫にダニを発見したとしても、家庭で無理やりに取ろうとしないでください。

家庭で駆除しようとすると、次に紹介するように後からいろんな問題が生じてきます。

できるだけ早めに、動物病院で見てもらい適切な処置を受けることをおすすめします。

猫の皮膚にダニの口吻が食い込んでいる可能性がありますので、力に任せて取ると口吻だけが体内に残ってしまいます。

そこから、ダニを媒介とした感染症にかかってしまうおそれがあります。

また、ダニを潰してしまうと卵が周囲に散らばってしまい、被害が拡大してしまうことも懸念されます。

これまで見てきたように、ダニの駆除はとても大変ですから、基本的に駆除するよりも予防することの方が大切です。

スポンサードリンク

まとめ

ダニの種類によって見られる症状も異なるようですが、基本的には強いかゆみを伴うようです。

しきりに同じ場所を掻いたり、何かでこすったりしている場合は、ダニの存在を疑いましょう。

ダニに気付いたらできるだけ早めに動物病院に行き、適切な処置を受けるようにしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク