ダニは形態や種類が非常に多様であり、その数は2万種を超えるとされています。

吸血行為を行ったり、人体に寄生して間接的な被害を及ぼす種類もいるようですが、ダニ全体としては、わずかな種類だと言われています。

サイズは大きいもので1センチを超えるようなダニもいるようですが、ほとんどのダニは1ミリを満たない、とても小さなものが多いようです。

その為、ダニそのものや、ダニは脱皮を行い成長するため、その抜け殻や、糞などが呼吸器官や皮膚組織に付着することで毛穴を塞いでしまったり、アレルギーが発症してしまうことが少なくないようです。

ダニ 湿疹 増える 全身 顔

ダニによる被害とは?

ダニのほどんどの種類は人間にとって無害だとされていますが、大量に発生して人体に寄生したり、その脱皮殻や糞がアレルギー性疾患を招いてしまうことがあるようです。

ダニはホコリなどに含まれる人間の髪の毛や、皮脂、食べかすなどを好んで摂取して成長しているとされています。

ダニが好む環境は気温が30度前後、湿度は60%前後だと言われており、日本では梅雨時期などに大繁殖することがあるようです。

大量に繁殖したダニは繰り返し脱皮を行うため、その脱皮殻や糞が人体に付着することによって、皮膚炎や湿疹吸血を行う種類が繁殖している場合は、強い痒みを伴う湿疹が発症してしまうことがあるとされています。

スポンサードリンク

ダニによるアレルギー湿疹とは?

大量のダニの脱皮殻や糞がアレルギーの元となるアレルゲンとなり、気管支炎や皮膚炎などのアレルギー性疾患を招くことが分かっているようです。

これらアレルゲンは目に見えない為、全身の広い範囲に発症することが多いようです。

また、顔だけに発症する湿疹は、人間の顔に寄生してるニキビダニという種類のダニが大量発生して、毛穴を詰まらせてしまい、皮脂や汚れがたまってニキビなどの炎症を引き起こしていると言われています。

まとめ

ダニによる被害は、吸血行為などの直接的な被害と、脱皮殻や糞などによる間接的な被害があるようです。

どちらもダニが大量に発生してしまったことが原因だと考えられるため、髪の毛やほこりなどが部屋にたまらないように注意することで防ぐことが出来ると言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク