ダニは世界で2万種類以上とも言われている非常に多岐に種別がある生物のようです。

主に1ミリ以下のダニ類が多いとされ、生態も多種多様であると言われています。

人間に直接被害を及ぼすダニはごくわずかとされていますが、サイズが小さいことが起因となり、間接的に被害を及ぼす場合があるようです。

普通に生活していてもダニはそこら中に生息していると言われています。

しかし大量に繁殖してしまうと、ダニの脱皮殻や糞などが人体に悪影響を及ぼすと言われ、皮膚炎や気管支炎などのアレルギー性疾患を招くことがあるようです。

ダニ 日光 匂い 時間

ダニが好む環境とは?

ダニは温度が30度前後、湿度が60%前後の環境を好むとされています。

この状態が長く続くような場所では非常に多くのダニが何種類も繁殖していると言っても過言ではないようです。

日本では梅雨時期に大量発生してしまうケースが多いようです。

その他、人体が触れる場所は体温によって温度や湿度が上昇しやすいため、布団やソファなども繁殖しやすいと言われています。

ダニは光を嫌う性質があるようなので、活動は殆どの種類において夜間に行われると言われています。

ダニの繁殖を防ぐには?

ダニの被害を防ぐには、ダニを退治するというよりも、大量に繁殖させないという考えが大事だと言われています。

ダニは風通しの良い、餌となるホコリがない場所では繁殖することができないようです。

布団などはどうしても湿度が高くなってしまうため、定期的に天日干しするなどの処置が大事だと言われています。

天日干しは1日中干しておく必要はないとされ、干した時の匂いがしてくれば良いと言われています。

毎日干す必要はないと言われていますが、梅雨時期などは晴れる期間が少ないため、晴れた時は干すようにしておくと良いでしょう。

布団乾燥機なども効果的だと言われています。

干した時の匂いはダニの糞などの臭いだとする話もあるようですが、あの匂いは汗や洗剤、皮脂などが日光によって分解された時に出てくるアルコールなどの揮発性の匂いと言われています。

スポンサードリンク

まとめ

ダニは乾燥や熱を嫌うと言われているため、天日干しの他、布団乾燥機も繁殖を抑える効果的な手段だと言えるでしょう。

梅雨時期は大量に繁殖することが多いようなので、なるべくケアを怠らないようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク