ダニは気温が20度~30度、湿度60%前後の環境を好むとされています。

ダニの種類は2万種類以上あると言われ、様々な性質、形態を持っていると言われています。

人体に影響がるダニは、ダニ全体でいえばごくわずかの種類ですが、生息数が多いために、その影響は無視できないと言えるでしょう。

ダニの種類のなかでも、イエダニ、ヒョウダニなどが人体に影響を与える代表的な種類のようです。

これらのダニはソファなどにも潜んでいるとされ、適切な処置を行う必要があるようです。

ダニ ソファ 革 駆除 掃除機

ダニが人体に与える影響とは?

直接被害を与える種類は少ないとされていますが、人体に寄生して間接的に皮膚炎やアレルギー性疾患の原因になったり、ダニの脱皮殻や糞などがハウスダストとなり、アレルギー性の鼻炎や気管支炎などを引き起こす原因になったりすることもあるようです。

イエダニは人体に寄生して吸血行為をする場合もあり、注意が必要でしょう。

ツメダニは、ほかのダニを餌として繁殖するようですが、人間を刺してしまうことがあり、結果として皮膚炎を招くことがあるとされています。

本革のソファは駆除に注意が必要?

ソファやベッドなど、人体の汗や皮脂が付着している場所は、ダニが繁殖しやすいと言われています。

ダニは熱に弱いと言われていますので、適宜天日干しやスチームアイロンなどの高温で処置すると良いようですが、本革のソファの場合、直射日光や高温を当ててしまうと変色してしまう恐れがあるので注意が必要でしょう。

本革の場合、ダニが元々繁殖しにくいとされています。

ゴミが溜まりにくかったり、温度も湿度もそれほど上がらない為、ダニが好む環境ではないようです。

高温で処置しなくても、定期的に雑巾がけなどをして綺麗に保っておけば、それでダニの繁殖防止としては十分だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

革製品にはダニは付きにくいと言われていますが、適宜、清潔に保つことがダニの繁殖を防いでくれるようです。

日光に当ててしまうと変色してしまうため注意が必要だと言えるでしょう。

また、革製品といえども、食べかすや皮脂などが残っていると繁殖してしまうこともあるようなので、雑巾がけなどを適切に行うようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク