ダニは形態や種類が非常に多様であり、その数は2万種を超えるとされています。

サイズは大きいもので1センチを超えるようなダニもいるようですが、ほとんどのダニは1ミリを満たない、とても小さなものが多いようです。

楕円形の形が多いとされ、珍しいものでは扁平や細長い場合もあるようです。

ダニのイメージとして、有害な吸血生物という種類が一般的に挙げられることが多いようですが、吸血を行う種類はダニの種類の中ではごくわずかだとされています。

人間に対して直接吸血を行うマダニやイエダニ、吸血行為はないものの、人体に寄生して間接的に人体へ被害を与えるヒゼンダニなどは有害だとされ、適宜、駆除を行う必要があると言えるでしょう。

ダニ スチームアイロン 畳 やり方 時間

畳に潜むダニとは?

畳にはツメダニヒョウダニという種類のダニが多く潜んでいると言われています。

ダニが好む環境は、気温が20度~30度、湿度が60%前後だとされており、畳はこの環境になる格好の場所だと言えるでしょう。

特に夏場や梅雨時期などは注意が必要だとされています。

畳は湿度を吸収する性質を持っているとされるため、梅雨時期などは、部屋の水分を吸収して畳の中の湿度を上げてしまうようです。

そのため、ダニが繁殖しやすい状況になってしまうようです。

ダニを畳から撃退するにはスチームアイロンが有効?

畳に潜むダニの多くは直接人体に被害を及ぼすことはないとされていますが、ダニの糞や脱皮殻などが皮膚炎や気管支炎を引き起こす可能があったり、アレルギー性疾患のきっかけになるなど、間接的な被害があるとされています。

ダニを退治するには、高温での処置が良いと言われています。

天日干しでは奥に逃げているダニまでは退治できないため、スチームアイロンで熱処理する方法が良いでしょう。

畳に当て布を当てて、スチームアイロンで全体を熱処理すると、ほとんどのダニを撃退することが出来るとされています。

スチームアイロンをかけた後は、掃除機による吸出しと、天日干しなどでしっかり乾燥しておくことでダニの繁殖を防げるようです

スポンサードリンク

まとめ

畳は和室の除湿器だと言われるほど、除湿作用が高いようです。

しかし、定期的に掃除を行わないとダニの温床になってしまうようなので、スチームアイロンなどの高温での処置か、毎日の掃除などで綺麗な状態に保つようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク