湿気が増える時期になると気になりだすのが、ダニの発生、そして繁殖。

普段目に見えないせいでその対策は取りづらい、というのが本音でしょう。

部屋の換気をしておけば発生しにくい、という話はよくされていますが、そんなに頻繁に換気もしていられない、というのがなかなか難しいところなのではないでしょうか。

そんなときに、ダニを駆除するのはもちろんですが、そのダニが発生しないように、つまり入り込まないようにするという手段もあります。

そのために、ダニが忌避するようなものを用意する、という手段をとる人は少なくはないでしょう。

蚊で言えば「虫コナーズ」のようなものがその最たる例として挙げられるでしょうか。

ですが、実際ダニを遠ざけておけるようなものはあるのでしょうか。

それを紹介したいと思います。

また、手軽に家で自作することができるダニ忌避剤も合わせてご紹介したいと思います。

ダニ 忌避 医薬部外品

ダニが忌避する薬品って?

アロマなどのものを利用したダニ忌避剤というのはかなり手軽に購入することができます。

効果持続が大体1か月半のものでも1000円弱で購入することができるということを考えると、非常に手軽なのではないでしょうか。

発生してしまってから噛まれてしまって、病院にかかることを考えると、安上がりといえるかもしれません。

しかも、最初から不快な思いをせずに済む、というのもうれしいポイントでしょう。

自宅で忌避剤を作れる?

自宅で簡単に作れるものとしてよく知られているのが「レモンアルコール」です。

これは、消毒用アルコールとレモンさえあれば簡単に作れるので非常に便利です。

アルコールにレモンの汁を入れるだけで出来てしまいます。

それを網戸などの侵入口に吹きかけておくだけでダニが家に入ってくるのを防ぐことに効果を発揮してくれる、ということなので、非常にうれしいものとなっています。

スポンサードリンク

まとめ

忌避剤を購入するのももちろん一つの手ですが、もっと手軽に作ることもできます。

ダニの発生をその前に防ぐことができるように日ごろから対策が必要になる、ということでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク