生活するうえで気を付けないと発生してしまうダニ、カビ。

それらが発生してしまうと、人への健康被害が出ることにつながってしまったり、家の耐久度が下がってしまったりする、というような被害もでてしまうようです。

夏、とりわけ梅雨の時期などには大量発生が騒がれるダニ、カビ。

それが発生してしまう理由とは、いったいどこにあるのでしょうか。

湿気がそれらの温床になってしまう、ということはよく知られているでしょうが、どこのようなところで湿気は発生するのでしょう。

それらを詳しく見ていきたいと思います。

また、ダニ、カビが発生しないようにする対処法なども合わせてご紹介したいと思います。

ダニ 繁殖 原因

カビ、ダニが発生してしまう原因とは?

カビ、ダニは高温多湿の状況、日当たりが悪い状態が続くと、発生しやすくなります。

そのような状況が最も生育しやすいため、繁殖してしまうのです。

また、ダニの場合は、ホコリやフケなどを餌として生育するため、それらが潜り込むような場所ではより盛んに繁殖することがよく知られています。

カビ、ダニによる被害

カビ、ダニなどによってアレルギー性の症状が出てしまうことがよくあります。

種類によっては人の血を吸うことでかゆみなどを引き起こすということもあるので、非常に厄介です。

カビ、ダニの対策法とは?

一番手っ取り早い対策法は、湿度を抑える、ということです。

これによって簡単に発生、繁殖を抑えることができます。

日々、掃除をするのはもちろんですが、普段掃除しにくい場所でも年二回ほど掃除するようにするだけで、格段に発生を抑えることができるようになります。

布団などはこまめに天日干しするようにすると効果が高いとされています。

また、換気をこまめに行う、エアコンなどで部屋を除湿する、ということも大切でしょう。

冬場には加湿器などを使う機会も増えると思うので、そのようなときには換気をよりこまめに行うようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

人に被害を及ぼしてしまうカビ、ダニ。

ですが、日常的な対策で手軽に発生を抑えることができるようです。

日ごろから気を付けることが大切、ということです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク