梅雨の時期など、湿気が多い時期になるとよく発生するダニ。

その繁殖には毎年悩まさる、というような人も決して少なくはないでしょう。

そんなダニの悩ましい原因というのが、刺されるとかゆくなってしまう、ということです。

ダニに刺されるとかゆくなる。

この事実はよく知られていることでしょう。

ですが、どうしてそれが起こるのか、ということはあまり知られていないことなのではないでしょうか。

なんとなく、蚊に刺されたときもかゆくなるから、何かに刺されるとかゆくなるものなのだ、という風に思われているのかもしれません。

今回は、どうしてダニに刺されたときかゆみが生じてしまうのか、ということを紹介したいと思います。

そして、かゆくなってしまったときにどのような対処をすればいいのか、ということも合わせて紹介します。

ダニ かゆみ 理由

どうしてかゆくなってしまうの?

ダニに刺されるとかゆくなる理由は、ダニの体液にアレルギー反応を起こしてしまうからです。

ダニの体液が体内に入ると、異物と認識され、それを排除しようとします。

それがかゆみという形で感じられるのです。

大きなくくりでは、花粉症などと発生している現象は似通っています。

なので、ダニに刺されたからと言って、生じる症状自体にはかなり個人差があり、刺されてもそれほどかゆみを感じない、という人もいるようです。

かゆくなった時にはどうすればいいの?

かゆくなった時には、そこをかきむしってしまう人が多いでしょうが、これはダニの場合はなるべくしないほうがよいでしょう。

皮膚を傷つけることはもちろんですが、ダニ刺されの場合は、色素が新着しやすく、あとが残りやすいのです。

できるなら病院に行くことがおすすめです。

そこでかゆみ止めの薬を処方してもらうのが確実な対処法でしょう。

でも、なかなかその対処法も難しい、というときには、ステロイド配合のかゆみ止めを使うようにしましょう。

普通のかゆみ止めよりも、それが配合されているものの方が効果が高いのでお勧めです。

スポンサードリンク

まとめ

ダニに刺されるとかゆくなってしまうもの。

でも、そんなときでも落ち着いて対処をとることで、かゆみも抑えることができます。

ぜひお試しください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク