赤ちゃんや子供さんをダニアレルギーから守るための対策は、どのようなことをすれば良いのでしょうか?アレルギーについても説明したいと思います。

ダニ 子供 赤ちゃん 対策 薬 アレルギー

赤ちゃんや子供のダニアレルギー対策は?

免疫力の弱い赤ちゃんや子供さんがダニに刺されてしまうと、アレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。

目や鼻を痒がったり布団に入ったら鼻水が出たり喘息症状が出た場合には、ダニやダニ関係の物質によるハウスダストアレルギーが原因の場合があります。

対策としては、

  • こまめに布団を天日干しする
  • 掃除機や布団クリーナーで掃除をする
  • ダニよけスプレーを使用する
  • シーツや布団をこまめに洗濯する

などの方法が一般的ですが、継続的にダニを寄せ付けないようにするためには、ダニよけシートを継続して使用する方法も安全簡単です。

アレルギーとは?

私たちは体に入ってきた異物に対して、lgE抗体というタンパクを作ります。

作られたlgE抗体は、目・鼻・肺・皮膚・腸などにある肥満細胞に結合して、再び体に異物が入ってくると異物に反応して、痒みや鼻水などの症状を引き起こす原因物質を作り出します。

このようにしてさまざまな症状が現れてしまうことをアレルギーといいます。

アレルギーを起こしやすい体質は、ある程度遺伝する傾向があるとされております。

親族にアレルギーの方がいると子供さんにアレルギーが起こる可能性が少し高くなるそうです。

アレルギーを引き起こす物質のことをアレルゲンといい、アレルゲンはいたる所に存在します。

食べ物としてアレルギーを引き起こすのが食物アレルゲンです。

埃・ダニ・花粉・金属などを吸い込んだり触れたりすることでアレルギーを引き起こすアレルゲンもあります。

アレルゲンとなる物質は人によってさまざま違いがあります。

1人が複数の原因アレルゲンを持つこともあります。

アレルギーが原因で起こる病気は、

  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎

などがあります。

アレルギーの薬は?

原因物質の代表はヒスタミンです。

痒み止めや鼻水止めの薬はヒスタミンの働きを止める抗ヒスタミン薬になります。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんや子供さんがアレルギーになってしまったら可哀想ですよね。

少しでもアレルギーになる原因を減らしてあげられるように対策をしてあげましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク