掃除機の種類にはサイクロン式と紙パック式がありますが、昔からある紙パック式掃除機の選び方のポイントとはなんでしょうか?

そして、紙パック式掃除機はどんな人におすすめなのでしょうか。

ダニ 掃除機 ノズル 紙パック

ダニ対策の布団専用掃除機のノズルの種類は?

布団専用掃除機のノズルは、布団ブラシ・布団ローラー・布団ヘッドなどと呼ばれることもあります。

布団専用掃除機のノズルは大きく分けて、吸い込み口を分散させて吸引力を落としているタイプと、布団とヘッドの隙間を密着させて掃除機の吸引力を低下させないようにしたタイプの、2種類があります。

吸引力を落としているタイプは、布団の上をスムーズに動かしやすく掃除がしやすいのですが、シーツ下や布団内部の微細な埃やチリを吸引する能力が低いです。

吸引力を低下させないタイプは、吸引力が強いのでシーツの下や布団内部の微細な埃やチリを吸引する能力が高いのですが、布団がヘッドに貼り付きやすくて動作がスムーズにできず掃除がしずらいです。

紙パック式掃除機の選び方のポイントは?

掃除機のサイズと本体重量

紙パック掃除機は、キャニスタータイプスティックタイプがあります。

スティックタイプの方がゴミ集積容量がキャニスタータイプより劣りますが、本体重量はキャニスタータイプよりスティックタイプの方が軽いです。

紙パックの充実度

紙パックは、各社共通紙パック純正紙パックがあります。

各社共通紙パックはトラブルになる場合もありますが、価格が安いものが多いです。

純正紙パックは抗菌だったり・排気の際の臭いを抑えたり・吸引力が落ちない作りだったりしますが、高価な場合が多いです。

紙パック式掃除機がおすすめな人は?

紙パック式掃除機は、集塵した埃やチリなどのゴミを紙パックに溜めておくタイプの掃除機なので、ゴミ捨ての煩わしさが軽減されてゴミ捨ての際には粉塵が舞わずに済みます。

掃除を手軽に済ませたい人やゴミ捨ての際に埃が舞うのが嫌な人におすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

掃除機の紙パックやノズルは目的によって変えるようにするといいと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク