畳とフローリングにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

どのようなメリットがあり、デメリットがあるのでしょうか。

解説したいと思います。

ダニ 畳 絨毯 フローリング 布団

絨毯と布団のダニ対策の方法は?

絨毯のダニ対策方法は、掃除機の掛け方に工夫することで、掃除機は吸い込む力でゴミを引っ張るのでゆっくり一往復させて掛けるのが良いそうです。

布団のダニ対策方法は、ダニは高温に弱いので布団乾燥機を掛けた後に掃除機掛けをすると、ダニ退治と繁殖を防ぐことが出来ます。

畳とフローリングのメリットは?

畳のメリット

〈調湿機能〉

畳は大気中の水分を吸収したり放出する調湿機能があります。

梅雨時季から夏は多湿になりますが、畳が湿気を吸収して室内の湿度を抑えて、冬は乾燥した室内に水分を放出するので乾燥を防ぐ役割もしてくれます。

〈断熱性能〉

畳は原料のい草が1本ごとに空気を含んでいるので、高い断熱性機能があります。

空気は熱伝導率が低いため、空気の層を作ることで断熱性を高めます。

空気を多く含む畳は断熱性があります。

〈遮音性能〉

い草に含まれている空気が音を吸収するので、畳の部屋は遮音性が高く衝撃音や足音が響きにくいです。

〈リラックスできる〉

畳の原料のい草の香りは、精神をリラックスさせる働きがあります。

フローリングのメリット

〈掃除がしやすい〉

掃除がしやすいので清潔を保ちやすいです。

〈ダニが発生しにくい〉

フローリングは掃除がしやすく、畳のようにダニが中に住むことができないのでダニの発生を抑えることができます。

〈メンテナンスの手間がかからない〉

複合フローリングはほとんどメンテナンスの手間がかからず、摩擦にも強いので長持ちします。

畳とフローリングのデメリットは?

畳のデメリット

〈シミになりやすい〉

畳の上に液体物をこぼしてしまうと染み込んでシミになってしまいます。

〈ダニが発生しやすい〉

ダニは多湿を好むため畳が湿気を吸収した状態が続くと、ダニが発生してしまいます。

〈重たい物を置くと跡がついてしまう〉

畳は軟らかい床材なので、重たい物を長時間同じ場所に置いておくとへこんでしまい跡がついてしまいます。

フローリングのデメリット

〈硬くて足が疲れやすい〉

材質により硬さの違いはありますが、畳より硬くて足が疲れやすいです。

〈水に弱い〉

フローリングに水分が長時間あると浸透して膨張したり変色してしまいます。

スポンサードリンク

まとめ

畳とフローリングのメリットとデメリットを参考にして、ダニ対策にいかせたらなと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク