マットレスのダニ対策や退治はどのようにしていますか?

マットレスのダニ退治には布団乾燥機と掃除機を併用して使うと良いって本当なのでしょうか?

調べてみました。

ダニ マットレス 掃除 布団乾燥機

マットレスのダニを退治するのに布団乾燥機と掃除機を使うといいの?

ダニが発生しやすい温度などは、室内温度20℃~30℃・湿度60%~80%・餌となるチリがあり産卵する場所がある。

大量発生する温度は25℃~28℃・湿度70%~80%です。

ダニは高温に弱くて50℃以上で20分~30分で耐えられず、60℃だと一瞬で耐えられなくなります。

布団乾燥機は最高温度70℃を保ち、マットレス内部に溜まった湿気も乾燥しマットレスの湿気も取るので、ダニ退治にはおすすめです。

布団乾燥機を使っただけだと、ダニ関係の物質が残っていてダニアレルギーの原因になってしまいます。

布団乾燥機後にダニ関係の物質を除去するために、掃除機を使い吸引するとアレルゲン物質を除去できるのでいいです。

布団乾燥機のメリットとデメリットは?

短時間で温度を上げてもダニは移動してしまうため退治には至りません。

布団乾燥機は、高温を長時間マットレスにかけてダニを退治させられます。

また、衣類や靴も乾燥できるものや冬季の布団が冷たい時には、布団を温かくして眠ることができます。

重たくて外に干せないマットレスを乾燥できることなどがメリットです。

布団乾燥機のデメリットは、メンテナンスや時々フィルターの掃除をしなくてはいけないことが面倒になる場合があります。

布団乾燥機の種類は?

乾燥マット式

メリットは、温風を効率的に布団内部に行き渡らせられるためダニ退治効果が高いです。

デメリットは、敷き布団と掛け布団の間に乾燥マットを出し入れする手間がかかります。

また、収納時に乾燥マットを畳む手間がかかります。

ホース&アタッチメント式

メリットは、乾燥マットほどではありませんが温風を広範囲に行き渡らせられます。

デメリットは、布団がダブルサイズ以上の場合は温風の広がりに不安があります。

ダイレクト式

メリットは、準備する手間が少ないです。

デメリットは、温風が一部にしか届かないことがあり、ダニ退治効果に期待できないこともあります。

スポンサードリンク

まとめ

マットレスのダニ退治には掃除機掛けだけでも不十分ですし、布団乾燥機だけでも不十分だと思いました。

時間もかかり面倒でも布団乾燥機と掃除機掛けを併用して使うことが良いのだと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク