ダニが活発になる時期になると、ダニの繁殖など気になるご家庭も多いのではないでしょうか。

そんな時にダニ対策として使用するのがダニスプレーだと思いますが、ダニ対策にダニスプレーは効果あるのでしょうか?

ダニの種類によっては薬剤が効かないダニがいるとされていますが、どのような種類のダニに薬剤が効かないのか調べてみました。

ダニ スプレー 効果 効かない

ダニ対策にダニスプレーは効果あるの?

ダニ対策用のダニスプレーの効果は、生きているダニの駆除や予防には一定の効果に期待できるとされています。

駆除したダニをそのまま放置しておくとダニアレルギーの原因になるので、ダニスプレー後は掃除機などで駆除したダニをしっかりと取り除くことが重要となります。

ダニスプレーにはダニが嫌がる忌避成分が配合されているので、ダニスプレーを吹きかけておいたとろこにはダニが嫌がり寄り付きにくくなり、ダニ予防対策になります。

ダニスプレーのメリットは、一般的にベタつかない速乾性があり手軽に使用出来るのが最大のメリットです。

ダニスプレーのデメリットは、人によってはダニスプレーでより深刻なアレルギーの原因になる可能性があります。

また、ダニも進化する生物なので薬剤耐性を持ったダニが近年増えてきていて、薬剤の効果が薄れてきている可能性があるそうです。

ダニスプレーの注意点は?

ダニスプレーは殺虫成分が入っているので、子供や犬猫などのペットの影響を考えると気を付けて使うようにすることが大切になります。

子供やペットへの影響が心配の場合には、人体への影響が少ないまたは無いものを使うようにしましょう。

ダニ捕りマットだと、香料でダニを引き寄せてマット内にダニを吸着させるので、香料のみなので人体への影響は少なくてダニ被害の予防に期待できるため、子供がいる家庭や肌の弱い方にはダニ捕りマットを使用するのがおすすめです。

ダニの種類によっては薬剤が効かない?

穀粉や菓子類などの貯蔵食品につきやすいコナダニは、薬に強い性質があるとされています。

刺すタイプのツメダニや直接的に無害なタイプのチリダニは、さらに薬剤に強いとされています。

薬剤が効かないということは駆除しにくいということになります。

薬剤の効力アップには、ダニの身体に薬剤を直接接触させるのが効果に期待があるとされています。

スポンサードリンク

まとめ

ダニは繁殖力が凄まじくて耐性もあり、しぶとい生命力で厄介な生物だと思いました。

ダニの増殖抑制には、こまめな掃除とダニスプレーを活用を習慣化することが良いと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク