引越しではお馴染み、軽いうえ収納にも便利な段ボール!

引越しが多いご家庭では、使わないものはそのまま詰めっぱなしにいている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近ではおもちゃや家具、インテリア雑貨としてかわいい段ボール家具が売り出されていますよね。

持ち運びも軽く、捨てる時も簡単!

そして、コストパフォーマンスの良さも幸いして人気を博しているのですが、その裏では気になる段ボールに巣食うダニの問題があることはご存知ですか?

今回は段ボールに住み着くダニの種類についてご紹介します。

段ボール ダニ 種類

段ボールに住み着くダニの種類は?

段ボールは吸湿性があり、保温性も比較的高いため、ダニや害虫を呼び寄せる原因となってしまうこともあるそうなのです。

段ボールの接着剤には食品であるコーンスターチが使われており、居心地のよさ+餌が豊富にあるこの状況を見過ごしてくれるはずはありませんよね!

引越しなどの一時保管には全く問題がないそうですが、埃が積もるなど不衛生な状況でずっと段ボールを部屋の中に置いておくと、ダニが増殖することにつながるのだそうですよ。

段ボールに最初に住み着くダニの種類は、高温多湿が好きでキッチンなどで繁殖することも多い「コナダニ」という種類のダニが多いとされています。

コナダニは我々に噛みつくなどの直接被害は起こさないですが、人を攻撃する種類のツメダニがコナダニを捕食し増殖するという傾向にあるそうなのです。

ダニ以外の害虫は?

家庭でもお店でも嫌われ者の害虫といえば・・ゴキブリです。

ゴキブリも高温多湿の環境が大好き!

ゴキブリはダニをも捕食するそうですので、ダニが大量発生すればするほどゴキブリも増えている可能性があるそうなのです。

ゴキブリもダニと同じく、病気を媒介する害虫とされていますので、家がどんどん不衛生な環境になってしまうこともありうるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

今回は段ボールに住み着くダニの種類についてまとめてみました。

とても便利な段ボールですが、ダニの予防をせずただ置いているだけでは、ダニの温床になってしまう可能性もあるということがわかりました!

最近ダニに噛まれることが多くなったとお悩みの場合、古い段ボールが原因のひとつかもしれませんね。

古い段ボールが家にないか、確認してみてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク